今井 秀樹(いまい ひでき)

経歴

昭和41年東京大学・工学部・電子工学科卒業.昭和46年同大学院博士課程修了.工学博士.同年横浜国立大学講師(工学部・電気工学科).昭和47年同助教授.昭和59年同教授(工学部・電子情報工学科).平成4年東京大学教授(生産技術研究所).現在に至る.この間,符号理論とその応用,暗号と情報セキュリティ,スペクトル拡散方式,データ圧縮,移動通信などの研究に従事.

昭和50年度,平成2年度電子情報通信学会著述賞,平成3年度同論文賞,米澤ファウンダーズ・メダル,平成6年度情報通信月間推進協議会情報通信功績賞,電子情報通信学会業績賞,平成10年IEEEシャノン50周年記念論文賞,平成11年韓国順天郷大学名誉博士号,平成14年総務大臣表彰などを受賞. 電子情報通信学会理事,監事,同「基礎・境界ソサイエティ」会長,IEEE情報理論ソサイエティ理事,同副会長,国際暗号研究学会(IACR)理事,情報理論とその応用学会会長,国際会議ASIACRYPT,PKC,WPMC等運営委員長,総務省・経済産業省暗号技術検討会(CRYPTREC)座長などを歴任. IEEE Fellow.電子情報通信学会フェロー.

講演の概要

電子署名は,現代暗号理論の最大の成果といってもよいであろう.電子署名がなければ,ネットワーク上での電子商取引や電子政府が到底成立しないことは,今日では,暗号に関心のない人でも認識している.しかし,技術的な観点から電子署名を正しく理解している人は極めて少ない.本講演では,まず,電子署名とは何であり,それを安心して利用するには何が重要であるのかについて述べ,ついで代表的な電子署名方式について簡単に説明する.さらに,さまざまなタイプの電子署名について概説し,電子署名の豊かな可能性を探る.

参加者の皆さんへ

電子署名は,ディジタル通信や記録を安心して利用するために不可欠な技術ですが,その名の通り,物理的な文書における捺印や署名に対応する機能を持っています.このため,暗号技術の中では,理解されやすいものと言ってよいでしょう.しかし,実はそこに落とし穴もあります.そのアナロジーで電子署名が判った気になってしまうと,電子署名を誤って使うことになるかも知れません.本講演では,電子署名を正しく理解して頂くために,電子署名技術の基本をできるだけ判りやすく説明したいと考えています.本講演が,電子署名を安心して,便利に使って頂くための一助になれば幸いです.

もどる